妊娠中、安全にサプリメントを使うには

>

サプリメント利用の注意点

このサプリメントは押さえておこう

ここでは使用をしておきたいサプリメントについてご説明をしていきます。

・葉酸
葉酸は赤ちゃんのビタミンともいわれている栄養素です。
赤ちゃんの成長を促し、貧血予防の効果もあります。
レバー、イチゴ、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラガスなどの多く含まれています。

・鉄
認知機能や運動機能、免疫機能、そして精神面にも影響を持つ必須ミネラルの1つです。
一般的に知られている貧血予防や疲労回復の効果をもたらしてくれます。
レバーやアサリ、小松菜など多くの食品に含まれる栄養素です。

・ビタミンC
水溶性のビタミンで、抗酸化作用を持ちます。
ウィルスと戦い、ストレス軽減、貧血予防に効果があります。
ほうれん草やイチゴなどたくさんの食品に含まれています。
また、緑茶やローズヒップティにも含まれています。

使っておきたいサプリメント

・カルシウム
これも鉄と同様有名な栄養素です。
骨や歯の材料となる栄養素なのはご存知だと思います。
一日に必要なカルシウム量は成人女性で700mg程度です。
牛乳1カップで220mg程度です。
子どもの分も必要と考えれば相当量必要になってきます。
牛乳などの乳製品、大豆類、ゴマやヒジキにも多く含まれます。

・ビタミンB群
ビタミンB群はビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸、そして葉酸をまとめて指す呼び名です。
それぞれに多くの働きがあり、疲労回復、成長促進、貧血予防など多くの効果が期待できます。
動物性たんぱく質を含む食材や卵、牛乳、大豆類に比較的多く見受けられます。

サプリメントで補う際はきちんと用法を守った使い方をしましょう。
食欲のないときはビタミンB群のサプリメントだけ1日分飲むのもいいです。
葉酸の成分が含まれているサプリメントを飲む場合、葉酸だけ取るのは控えましょう。


この記事をシェアする
▲ PageTop